シーズンごとに違う物件選びガイド

値引き交渉をするときには、タイミングも重要になることを頭の中に入れておきましょう。

SITE NAVI
シーズンごとに違う物件選びガイド

値引き交渉とタイミング

知らない人も多いようですが、賃貸物件の家賃をはじめとして値引き交渉することも可能です。
交渉をすることによって、自分により有利な条件で、賃貸物件を借りられる可能性もあります。
ただし値引き交渉は、どの賃貸物件でも可能というわけではありません。
同じ賃貸物件であっても、値引き交渉をするタイミングによって、交渉ができることとできないことがあることも理解しておきましょう。
一般的に2〜3月にかけては、年度初めから新生活をスタートするための賃貸探しをしている人が多いです。
もし大家さんの条件にOKしてくれないのであれば、ほかの入居希望者を探せばいいわけです。
このため、どうしても値引き交渉が進まない傾向があります。
しかし逆に9〜11月に賃貸探しをすると、値引き交渉に応じてもらえる可能性があります。
これはなぜかというと、賃貸物件の入居希望者が密接に関係しています。
賃貸物件がよく出るのは先ほども紹介したように年度初めです。
その次に多くなるのは、8月とか12月になります。
8月で空き部屋ができてしまうと、次は12月まで空室のままである可能性があるわけです。
実は大家さんの意識の中には、年内に入居者を決めたいという意識があります。
そうなると9月以降であれば、多少相手が強気の値引き交渉に出ても妥協せざるを得ないと判断をする傾向があるわけです。
このように繁盛期の谷間になっている時間を利用して賃貸物件探しをすれば、掘り出し物の物件を見つけやすくなります。
冬場に賃貸物件を探していて、年をまたいでしまうと、また大家さんは強気に戻ってしまいますので注意しましょう。
もう少し待てば3月の繁盛期がやってくるのでその時までに入居者が決まればいいという発想になるからです。
このようにいつ引越しをするかも、賃貸物件の値引き交渉をするときに重要な問題になってくると思ってください。
賃貸探しは、タイミングもポイントになることを頭の中に入れておきましょう。
Copyright (C)2017シーズンごとに違う物件選びガイド.All rights reserved.