シーズンごとに違う物件選びガイド

契約の更新の時に、家賃の値引き交渉をしてみるのも一つの方法ではあります。

SITE NAVI
シーズンごとに違う物件選びガイド

契約更新と値引き交渉

通常賃貸契約は、2年契約になっているはずです。
2年契約が満了すれば、次の賃貸物件を探すか契約の更新をしないといけません。
ちなみに契約更新をするためには、更新料を負担する必要があります。
更新料は賃貸物件によって若干の違いがあるかもしれませんが、家賃1か月分の更新料負担をするのが一般的といわれています。
賃貸物件を借りている人の中には、2年ごとに引っ越しをしている人もいます。
更新料の負担をするくらいであれば、引っ越ししてしまった方がいいと考える人もいるようです。
しかし契約更新の場を逆手にとって、家賃の値引き交渉をすることも可能です。
契約更新の時の更新料は、不動産会社からしてみると貴重な収入源となっている傾向があります。
契約書を作成すれば、家賃1か月分が入っているわけですから、かなりオイシイ収入にはなります。
そこで更新料を支払うけれども、こちらの要望も聞いてほしいとやれば、相手も交渉に乗ってくる可能性が高いわけです。
また2年経過しているわけですから、賃貸物件も入居した当初と比較すると2年劣化が進んでいることになります。
ということは、こちらも少し強気に交渉に臨むことも可能なわけです。
通常不動産会社から契約の満了が近づいてくると、契約更新の案内が届くはずです。
もしこの契約更新の案内が届いたら、不動産会社に早目に連絡を取るようにしましょう。
そして家賃の値下げ交渉に応じてもらえるかどうか、コミュニケーションをとってみることです。
もし無理そうであれば、戦略を変えて設備の交渉をしてみましょう。
たとえば和室の畳が古くなっているので、家主負担で畳の張り替えをしてくれないかといったことをお願いしてみましょう。
そうすれば、家賃の値下げ交渉は不調でも聞き入れてくれる可能性もあります。
契約更新の時には、それをチャンスと思っていろいろと話を振ってみると、皆さんにとってプラスがもたらされる可能性も十分にあります。
Copyright (C)2017シーズンごとに違う物件選びガイド.All rights reserved.