シーズンごとに違う物件選びガイド

駅から近いところは便利な反面、自動車を持っている人には不利になる可能性があります。

SITE NAVI
シーズンごとに違う物件選びガイド

駅チカと自動車の問題

賃貸物件を探すときには、立地条件をチェックすることも大切です。
この時都心部で暮らしている人の多くが、通勤や通学をするときに電車を利用しているのではないでしょうか?
そこで、最寄り駅に近いところで賃貸物件を探している人もいるのではないでしょうか?
確かに駅チカの賃貸物件であれば、電車による移動がしやすくなります。
しかしもし自動車を所有している人の場合、駅チカの物件はネックになる可能性もあります。
駅チカの賃貸物件ということになれば、どうしても周辺は繁華街によって構成されています。
このため、駐車場を借りる際の賃料もどうしても高くなってしまう傾向があります。
東京の都心部の場合、駅チカの駐車場を借りることになれば、月々3〜5万円もかかってしまうこともざらにあります。
家賃にプラスして、自動車の維持のためにこれだけの費用を負担するのは少し厳しいものがあるでしょう。
特に都心部の賃貸物件の場合、駅チカの物件では家賃もかなり高くなってしまいます。
自動車を所有している人は、駐車場との兼ね合いで物件探しをする必要があります。
都心部の駐車場の場合高いだけでなく、なかなか見つからないという問題点もあります。
都内の月極駐車場をチェックしてみると、企業で一括借り上げをしているケースも少なくありません。
そうなると、なかなかあいている駐車スペースを見つけるだけでも苦労してしまいます。
また駐車場は今のところ1台分のスペースがあればいいという人もいるかもしれません。
しかしもしその賃貸物件で長期的に暮らすことになれば、子供のいる家庭の場合子供が成長して自動車を運転することも出てくるかもしれません。
その場合には、複数の自動車スペースが必要になってくる可能性もあります。
マイカーは、多くの家庭で生活の足として欠かせない存在になっているはずです。
そこで駐車スペースのことも十分に頭の中に入れて、賃貸物件探しをする必要があります。
Copyright (C)2017シーズンごとに違う物件選びガイド.All rights reserved.