シーズンごとに違う物件選びガイド

ペット可の物件の場合、いろいろと飼育の条件が付いてくるので注意しましょう。

SITE NAVI
シーズンごとに違う物件選びガイド

ペット可の物件の条件

最近の傾向を見てみると、ペット可の賃貸物件が増えている印象があります。
地方ではまだペット可の物件が少ないようですが、都心部ではかなりペット可の物件が募集されています。
ただしペット可の賃貸物件といっても、認められている範囲は物件によって微妙に違ってくる傾向があります。
たとえば、ある物件では室内犬だけOKで猫はNGとしているところもあります。
その他には、飼育できるペットの上限が決まっているところもあります。
このような条件は、個別の賃貸物件で決められているので事前に確認をしておく必要があります。
またペット可の賃貸物件を見てみると、ペット保証金を請求しているケースが多いです。
通常は保証金として、敷金を入居するときに支払わないといけません。
ペット可の賃貸物件では、この敷金とは別にペット保証金を請求してくるケースがあります。
ペット保証金の金額は、賃貸物件によってまちまちです。
しかし一般的には、家賃の2か月分を相場にしている傾向がありますので、頭の中に入れておきましょう。
ペットの場合、いくらきちんと教育をしても部屋の中で粗相をしてしまう可能性があります。
壁などにかみついたり、爪で引っかいたりする可能性があり、原状回復するためにそれなりの費用を大家さんは負担しないといけません。
ペットの飼育を認める代わりに、そのようなコストの負担をしてくださいという意味でペット保証金を設定しているところが多いわけです。
ちなみに敷金の場合、問題がなければ退去するときに返還を受けることも可能です。
しかしペット保証金の場合、きれいに自分の中では使用していたとしても、相殺されるケースが多いといわれています。
このため、原則としてペット保証金は引っ越しをしても返還されない類のお金であると思ってください。
退去の時にトラブルになってしまっても困るので、入居する前にペット保証金のルールなどについて、大家さんに確認をしておくといいでしょう。
Copyright (C)2017シーズンごとに違う物件選びガイド.All rights reserved.